公開記念

ヒューマックスシネマ限定キャンペーン!!

ヒューマックスシネマでは、11/17(金)公開『GODZILLA 怪獣惑星』の公開を記念して、 WEBで、劇場で、豪華プレゼントが当たる!プレゼントキャンペーンを開催!!

さらにヒューマックスシネマ限定!ポストカードセット付オリジナルドリンクや映画館限定オリジナル・ドリンクカップも販売致します!

 

 

 

 

 

 

 

 

予告編を見て、クイズに答えてご応募いただくと、抽選で2名様に非売品プレスシートをプレゼント!

 

 

 

 

 

 

ヒューマックスシネマ限定!!

『GODZILLA 怪獣惑星』の公開を記念して、 本編を観ればわかる検定問題を出題!
専用の応募用紙にて検定にご参加いただき、劇場設置の応募箱、または劇場スタッフまでご応募ください。
ご回答いただいた方の中から抽選で2名様にオリジナルTシャツをプレゼント!

   

 

   

※写真はイメージです。実物とは異なる場合がございます。
※先着のため無くなり次第終了となります。
※ポップコーンの提供は、ポリ袋でのご提供となります。

 

 

 

二十世紀最後の夏。 その日人類は、地球という惑星の支配者が
自分達だけではないと知った―――。

巨大生物「怪獣」の出現と、その怪獣をも駆逐する究極の存在「ゴジラ」。半世紀にわたる怪獣との戦争の末、人類は敗走を重ね、ついに地球脱出を計画。そして2048年、中央政府管理下の人工知能による選別を受けた人間だけが恒星間移民船・アラトラム号で11.9光年の彼方にある「くじら座タウ星e」を目指し旅立った。しかし、20年かけてたどり着いたタウ星eの地球との環境条件差は、予測値を遥かに上回り、人類が生存可能な環境と呼べるものではなかった。

移民船に乗る一人の青年・ハルオ。4歳の時に目の前でゴジラに両親を殺され、20年の間、地球に戻りゴジラを倒すことだけを考え続けていた。移民の可能性を閉ざされ、生存環境も劣悪となった船内でハルオを中心とした「地球帰還派」は主流となり、危険な長距離亜空間航行を決断し地球を目指す。

だが、帰還した地球は、既に二万年の歳月が経過し、地上はゴジラを頂点とした生態系による未知の世界となっていた。

果たして人類は地球を取り戻せるのか。そして、ハルオの運命は―。