企業情報
商 号 株式会社ヒューマックスシネマ
英文名 HUMAX CINEMA INC.
代表者 乙骨 義男
設 立 1995年7月
事業内容 映画興行、ポストプロダクションほか
資本金 7500万円
本社/映画館事業 所在地 〒163-1422
東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー22階
TEL : (03)3379-8161 FAX : (03)3379-8167
http://www.humax-cinema.co.jp
ポストプロダクション事業
HACスタジオ 所在地
〒162-0067
東京都新宿区富久町9-11
TEL : (03)3351-1164 FAX : (03)3351-1610

 http://www.hacstudio.com

企業理念
成田HUMAXシネマズIMAX(R)デジタルシアター
撮影:(有)クリエイティブスタジオ・カワカミ
■ミッション(事業領域と存在意義)
映画興行・ポストプロダクションを軸とした 映像関連事業を通じ、 最良の空間と思いがけない喜びを提供することにより、 お客様のかけがえのない時間を価値あるものにする。

■バリュー(価値)
明るい笑顔で、 快適と安心、楽しさと優しさ、 正確性と専門性を積極的に提供する。

■ビジョン(願望)
映画興行、ポストプロダクションともに 業界の「ONLY ONE」となることで、 ヒューマックスグループのエクセレントカンパニーになる。


事業説明
池袋HUMAXシネマズ(シアター)

渋谷HUMAXシネマズ(ロビー)

横須賀HUMAXシネマズ(ロビー)

成田HUMAXシネマズ(ロビー)
■映画興行を軸とする映像関連事業を展開
ヒューマックスシネマは現在、首都圏内4ヶ所24スクリーンという規模で映画館経営を行い、洋画・邦画のロードショーをはじめとする話題作から個性的な作品までバラエティに富んだ作品を提供しています。

また、最新鋭の機材が整った編集・MAスタジオを新宿に構え、ポストプロダクション事業も展開。この映画・映像関連事業を通じて、お客様に最良の空間と思いがけない喜びを提供し、かけがえのない時間を価値あるものにすることを当社の『ミッション』として活動していきます。
これは言い換えれば当社の存在意義・使命であるともいえます。お客様の時間が貴重なものであるからこそ、さらに最大限に活用していただけるようにお手伝いをしたいのです。

■ヒューマックスシネマのあゆみ
8事業部門10社から成り、レジャー・サービス産業を幅広く網羅するヒューマックスグループの歴史は、戦後復興さなかの1947年、“新宿ムーランルージュ”の劇場再建から始まります。以降、新宿・渋谷・池袋・銀座といった都内主要エリアに、本格的な映画興行事業を展開し、当時最大の娯楽ともいわれる映画をお客様に提供してきました。

事業の拡大に伴いグループ会社も次第に増えていく中で、この興行部門を受け継いだのが、ヒューマックスシネマです。 その後も当社は既存館の改修や改装に努め、娯楽が多様化する時代の流れに対応する一方、1991年には神奈川県横須賀市に映画館を新たに開館させ、映画産業における郊外での市場開拓にいち早く動き出しました。

この直後、外資系のシネマコンプレックス(シネコン)が日本に進出し、映画産業に変革期が訪れますが、この変革期にも当社は横須賀の増館を実現させるという素早い対応を図るだけでなく、1999年には8スクリーンを備える映画館となることで、横須賀周辺地域の利用者に確固たる支持を受けることになります。
さらに2002年3月、千葉県成田市に当社初となる待望のシネコンを開館、2012年5月には、日本では初めての独立棟でのIMAXデジタルシアターを開館させました。このようにして当社は24スクリーンという規模ながら、多様な形態の映画館を持つという独自の進化を遂げてきたのです。

ヒューマックスグループはお客様の貴重な時間を最大限に活用していただくお手伝いをする企業の集まりです。
当社はこの企業精神を、文化・映像部門の主軸を担う映画興行事業において発揮することで、ヒューマックスグループ及び映像産業の発展に寄与していきたいと考えます。

ヒューマックスグループ